読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おなかのはらぺこ日記

好きなものには、基本贔屓目。

【第67回NHK紅白歌合戦】その5・出場歌手発表を受けて曲順予想

テレビ 紅白歌合戦 音楽

先日、第67回NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表されました。出場歌手は紅白両軍23組ずつ計46組、そのうち初出場は両軍5組ずつ計10組となりました。
早速ですが、今回の出場歌手を見ていきたいと思います。発表から随分経ってしまったので、ここで語っても鮮度は落ちているかも知れませんがw

 

 

【出場歌手】
☆→初出場
★→復活出場
( )内は、今年出場した時点での出場回数

【紅組】
★AI(2)
絢香(8)
E-girls(4)
いきものがかり(9)
石川さゆり(39)
市川由紀乃(初)
宇多田ヒカル(初)
AKB48(9)
大竹しのぶ(初)
欅坂46(初)
香西かおり(19)
坂本冬美(28)
椎名林檎(4)
島津亜矢(3)
高橋真梨子(4)
天童よしみ(21)
西野カナ(7)
乃木坂46(2)
PUFFY(初)
Perfume(9)
松田聖子(20)
水森かおり(14)
miwa(4)

【白組】
嵐(8)
五木ひろし(46)
X JAPAN(7)
関ジャニ∞(5)
☆桐谷健太(初)
KinKi Kids(初)
郷ひろみ(29)
三代目J Soul Brothers(5)
THE YELLOW MONKEY(初)
Sexy Zone(4)
SEKAI NO OWARI(3)
TOKIO(23)
AAA(7)
氷川きよし(17)
V6(3)
福田こうへい(3)
福山雅治(9)
星野源(2)
三山ひろし(2)
山内惠介(2)
ゆず(7)
RADWIMPS(初)
☆RADIO FISH(初)

まず、切れるところはバッサリ切って、予想以上に組数を減らしてきたなというのが、最初に発表を受けて感じたことでした。ここ最近の紅白は、出場歌手が若干多くて詰め込みすぎな印象だったので、これは良かったと思います。
ネットでは、毎度のことながら否定的な反応が目立ちますが、個人的には結構いいメンツを揃えてきたと思いますし、宇多田ヒカルRADWIMPSを引っ張り出せただけでも「2016年の紅白」としては満点だと思います。あと、出場歌手が減らされたのも(SMAPの影響もあるでしょうが)、歌尺が前回より伸びたり、特別出場があるのではないかと期待したいところです。
初出場歌手たちも、大竹しのぶPUFFYが若干サプライズだったぐらいで、とても理想的で違和感のない面々なのではないでしょうか。個人的には、欅坂46が無事出場となったことに安心しました。宇多田ヒカルPUFFYKinKi KidsTHE YELLOW MONKEYという90年代を意識させる面々も楽しみです。
今回の落選者で特筆すべきは、やはり細川たかし和田アキ子でしょう。2人とも紅白の常連であり、功労者であることは間違いありません。細川さんは卒業という形を取りましたが、アッコさんは落選ということになりました。個人的には、今回で40回目の出場ならば、何らかの花道を用意しても良かったのではないかと思います。まぁ、でも誰とは書きませんが、細川さんとアッコさんより先に落選すべき人も、一緒に落選していたので、ある程度納得できるかも知れません。年末の風物詩のような存在を、紅白で見られなくなるのは淋しさもありますが、過去の紅白では名だたるレジェンド級の歌手たちも「落選」は経験してきているので、致し方ないのかなとも思います。
近年の紅白では「世代交代」というのが、最大の懸案事項でしたし、NHKもそのタイミングを見計らっていたように思います。これからの紅白は、より10〜40代という紅白の視聴習慣が薄い層に訴求していかなくてはいけないと思うので、今回の出場歌手の顔ぶれはひとまず良かったのではないでしょうか。
個人的には、安室奈美恵大黒摩季小林幸子水前寺清子SuperflyBABY METALback number平井堅Mr.Childrenあたりの不出場が少し残念ではありますが、「納得できねぇ!」と喚くレベルではないですし、一部の方は特別出場も期待したいところです。

 

【曲目・曲順予想】
それでは、曲目や企画コーナーを含めた曲順予想をしたいと思います。

紅組司会:有村架純
白組司会:相葉雅紀
総合司会:武田真一アナウンサー

《通し企画:マツコとブラタモリ in 紅白歌合戦
先日、ゲスト出演が発表になったタモリマツコ・デラックスが、紅白歌合戦の舞台裏に潜入!今年の大晦日のNHKホールだけの特別な『ブラタモリ』で、紅白歌合戦を影から支えるスタッフの様子や、ステージ裏の秘密をレポートしたり、出演者の楽屋に突撃したりと、NHKホールの裏側を駆け巡ります。

〜前半〜
オープニングテーマ(服部隆之作曲)
【1】欅坂46(初)「サイレントマジョリティー」
【2】Sexy Zone(4)「Sexy Zone〜勝利の日まで」
【3】E-girls(4)「Go! Go! Let's Go!」
【4】三山ひろし(2)「四万十川
【5】郷ひろみ(23)「IRREGULAR」
【6】市川由紀乃(初)「心かさねて」
【7】AAA(4)「涙のない世界」
【8】香西かおり(19)「秋恋歌」
【9】福田こうへい(3)「北の出世船」
【10】miwa(4)「結-ゆい-」
【11】SEKAI NO OWARI(3)「Hey Ho」
【12】坂本冬美(28)「女は抱かれて鮎になる」

《紅白だけの超豪華演出!ピコ太郎『PPAP』》
世界中で大ブームを巻き起こしている、千葉県出身のシンガーソングライター・ピコ太郎が、紅白のステージに登場!紅白だけの超豪華な演出で、大ヒットナンバー「PPAP」を披露します。

【13】山内惠介(2)「流転の波止場」
【14】乃木坂46(2)「サヨナラの意味」
【15】関ジャニ∞(5)「罪と夏」
【16】天童よしみ(21)「道頓堀人情」
【17】桐谷健太(初)「海の声」
【18】AI(2)「みんながみんな英雄〜ハピネス」

《みんなで歌おう!水前寺清子『三百六十五歩のマーチ』》
今年4月の地震で大きな被害を受けた被災地を訪ねて被災者の方たちを励ましてきた、熊本出身の水前寺清子。久しぶりの紅白のステージで、たくさんの方たちを元気付けてきた応援歌『三百六十五歩のマーチ』を、くまモンはじめ九州のゆるキャラ、出場歌手たちと一緒に歌います。

【19】RADWIMPS(初)「前前前世」
【20】島津亜矢(3)「帰らんちゃよか」
【21】V6(3)「Darling〜Beautiful World」
【22】AKB48(9)「恋するフォーチュンクッキー〜ハイテンション」

〜後半
大河ドラマ真田丸』紅白スペシャルミニドラマ》
今年、人気を博した大河ドラマ真田丸』の紅白だけのスペシャルミニドラマを、本編でも脚本を手がけた三谷幸喜の書き下ろしでお届けします。もしかしたら、劇中で徳川秀忠を演じた星野源のステージに、あの戦国武将たちが駆けつけるかも…?

【23】星野源(2)「恋」
【24】西野カナ(7)「あなたの好きなところ」
【25】氷川きよし(17)「みれん心」
【26】絢香(8)「I believe
【27】RADIO FISH(初)「PERFECT HUMAN」
【28】水森かおり(14)「越後水原」

《出場歌手全員で歌う『花は咲く』》
東日本大震災から5年が経った今年、沢山の自然災害が日本全国を襲いました。今回の紅白でも、復興に向けて歩む日本全国の被災地へ、出場歌手全員で『花は咲く』を歌います。世界的ピアニストの辻井伸行と、『真田丸』のメインテーマでヴァイオリンを演奏した三浦文彰が、演奏で花を添えます。

【29】大竹しのぶ(初)「黄昏のビギン」
【30】ゆず(7)「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」
【31】PUFFY(初)「アジアの純真愛のしるし
【32】福山雅治(9)「最愛」

《→2020 夢を歌おう》
NHKが2020年に向けて行なっている、自分の2020年までの夢や願いを写真に収める企画「わたしのポートレートメッセージ」*1。このプロジェクトに合わせて、有村架純が夢に向かうあらゆる分野の10代の若者たちに、相葉雅紀が2020年の東京オリンピックパラリンピックを目指すアスリートたちに、写真撮影を兼ねてインタビューを行った様子を紹介します。
そして、企画に賛同して、世界的カメラマンのレスリー・キーが撮影した写真と、視聴者が寄せた沢山の写真をバッグに、Perfumeが『Dream Fighter』を、嵐が『Happiness』を歌って、みんなの夢を応援します。

【33】THE YELLOW MONKEY(初)「バラ色の日々〜砂の塔」
【34】いきものがかり(9)「ぼくらのゆめ」
【35】TOKIO(23)「宙船」
【36】椎名林檎(4)「ちちんぷいぷい〜ジユーダム」

《白組特別出場 Mr.Children
現在、NHKで放送されている朝ドラ『べっぴんさん』の主題歌『ヒカリノアトリエ』を手掛けたMr.Childrenが、8年ぶりに紅白に登場し、NHK放送センターの101スタジオから同曲を披露します。

【37】Perfume(9)「FLASH
【38】三代目 J Soul Brothers(5)「Welcome to TOKYO」
【39】宇多田ヒカル(初)「花束を君に〜First Love」
【40】五木ひろし(46)「九頭竜川

《紅組特別出場 安室奈美恵
今年、NHKリオデジャネイロオリンピックパラリンピックの放送テーマソング『Hero』を歌った安室奈美恵が、13年ぶりに紅白歌合戦に登場。圧倒的なパフォーマンスとともに、リオデジャネイロオリンピックパラリンピックの名場面を振り返ります。

【41】KinKi Kids(初)「硝子の少年〜薔薇と太陽」
【42】高橋真梨子(4)「ごめんね…」
【43】X JAPAN(7)「Rusty Nail〜紅」
【44】松田聖子(20)「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
【45】石川さゆり(39)「暗夜の心中立て
【46】嵐(8)「復活LOVE〜I seek」

今回の紅白は、何だか中継が多くなったり、CDJ出演との兼ね合いがあったりと、読めないところが多いと思います。やはり、SMAPに出てほしいですが、今のところ難しいようなので、今回の予想からは外しました。もし、出演するとしたら、北島三郎が紅白卒業したときのような、全ての出場歌手が終了したあとの「究極の大トリ」という形になるかと思います。ピコ太郎の出演はほぼ確実と見ていますが、水前寺清子Mr.Children安室奈美恵は、完全に個人的な願望です。この3組は、今年を代表する歌手なので、ぜひ紅白のステージで見たいところです。
トップバッターは変わらず、欅坂46Sexy Zoneで予想しました。今回は、トリ不在だと言われていますが、大トリは相葉くんが白組司会を務め、名実共にトップアイドルので、初の大トリかなと見ています。トリは、石川さゆりと予想しましたが、松田聖子高橋真梨子候補に挙げられると思いますし、もしNHKホールでの出演なら宇多田ヒカルの初出場にして、初のトリもあり得ると思います。

 

では、最後にゲスト審査員を予想したいと思います。

【ゲスト審査員】
伊調馨
(女子レスリング選手)
柴咲コウ
(2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』主演)
高畑充希
(朝ドラ『とと姉ちゃん』ヒロイン)
福原愛
(女子卓球選手)
村田沙耶香
(作家・第155回芥川龍之介賞受賞)
内村航平
(男子体操選手)
内村光良
(お笑い芸人・『LIFE!』出演)
草刈正雄
(2016年大河ドラマ真田丸』出演)
新海誠
(アニメーション監督・映画『君の名は。』監督)
菅田将暉
(2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』出演)

 

 

気が付けば、あっという間に、紅白まで2週間を切りました。早ければ、明日19日にでも曲目が発表されるのではないでしょうか。昨年は、曲目と曲順が同時発表だったので、もしかしたら今年も同時発表になる可能性もあります。企画コーナーやスペシャルゲストも、これから続々と発表されるのではないでしょうか。
次回は、曲目が発表されてから、曲順の予想ができたらと思います。