読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おなかのはらぺこ日記

好きなものには、基本贔屓目。

【第66回NHK紅白歌合戦】その2・出場歌手とゲスト審査員予想

音楽 テレビ 紅白歌合戦
こんにちは。早速ですが、全然紅白の司会は発表されませんね。ここ数年で、一番遅い発表となるのではないでしょうか。紅白関連ブログ第2弾となる「出場歌手予想」は、司会と共に発表される番組のテーマを参考にして、やりたかったのだが、いつ発表になるのか分からないので、先に予想しちゃおうと思う。

個人的に、今年は「戦後70年」NHK放送開始90年」という節目の出来事が重なっているので、この2つが大きなテーマになると予想している。また、この2つのテーマから派生して「歌い継ぐ」というのも、一つの軸になるのではないかと思う。とはいえ、今年は例年以上に、老若男女に広がったブームやヒット曲が少なく、すごく予想が難しくなっているようにも思う。ということで、今年は、あまり冒険はせずに、結構真面目に現実的に無難に選んでみた。


【出場歌手予想】
今年は昨年に比べ、企画コーナーみたいなものの尺が短くなるような気がするので、紅組白組それぞれ、例年より少し多めに28組ずつ選んでみた。(個人的には、28組ぐらい出場してほしい)
☆→初出場
★→返り咲き出場
カッコ内は出場回数

【紅組】
SKE48(4)・NMB48(3)・HKT48(2)
★クミコ(2)
☆JUJU(初)
☆Superfly(初)
乃木坂46(初)
一青窈(6)
miwa(3)
レベッカ(初)

紅組の初出場歌手だが、出場確実と断言できるのは、乃木坂46だけかも知れない。JUJUSuperflyは、完全に個人的な願望が入ってしまったが、本来なら一度も紅白に出場していないのが、不思議な二人でもある。この2人はそもそも、紅白の出場を辞退している可能性が高い。Superflyに至っては、あの『タマシイレボリューション』がヒットした2010年でも、紅白には出場しなかった。ということで、この2人に関しては、若干希望を込めてでもある。モーニング娘。'15は、これまでならハロプロのカウントダウンコンサートがあることなどから、予想には入れていなかったと思うが、つんく♂のガンによる声帯摘出や、新生モーニング娘。のエースとして活躍してきた鞘師里保の卒業などが重なったことから、今回の予想に入れた。鞘師さんは、以前から紅白への憧れを何度か語っているし、トップバッターでの出場なら、その後にカウントダウンコンサートへも行けると思うので、ぜひ今年は出場してほしい。そしてレベッカだが、今回予想に挙げた中では、比較的初出場となる可能性は高いと思うが、まだ確実とは言い切れない。

返り咲き出場として予想したクミコは、つんく♂が作曲を務めた『うまれてきてくれてありがとう』をリリースした。先日、『SONGS』で共演していたのだが、紅白での共演も期待したい。小林幸子は、一度紅白から落選して以降、インターネットやボーカロイドコミケなど、日本の若者文化、ネット文化に新たな活路を見出し、演歌歌手としては貴重な若者世代への訴求力も期待できる。今のタイミングを逃すと、もう紅白には戻ってこれないような気もするので、出場してほしい。巨大な豪華衣装がどうなるか心配ではあるが。一青窈は、先日第一子を出産した。紅白の舞台が、テレビへの復帰第一弾となるなら、最高だと思う。

他に特筆すべきは、アイドルグループの多さだろう。特に、48グループは乃木坂も含めると、5グループにもなる。さすがに、そこまでになると多すぎるので、AKB48乃木坂46とは別に、SKE48NMB48HKT48というように、何グループかがまとめられる可能性が高い。もしかしたら、どこかのグループが、落選する可能性もありえるかも知れない。基本的に、昨年の出場歌手から、今回の予想に入れた歌手は、よほどのことがない限り、ほぼ出場するだろう。個人的に少し心配なのは、香西かおり伍代夏子藤あや子あたりだが、今年は何とか大丈夫だと思う。椎名林檎は、今年は出場しない可能性が高いが、最近は比較的テレビ出演も多いので、少し期待したい。

今回の予想には入れなかったものの、出場する可能性があるのは、aiko絢香YUKIMay.JDREAMS COME TRUEBABY METALμ's大原櫻子家入レオ西内まりや大竹しのぶさんご安室奈美恵MISIA松任谷由実中島みゆきあたりだと思う。


【白組】
嵐(7)
井上陽水(初)
EXILE(11)
X JAPAN(6)
SMAP(23)
SexyZone(3)
TOKIO(22)
AAA(6)
秦基博(初)
V6(2)
星野源(初)
森進一(48)

白組の初出場歌手については、ゲスの極み乙女。秦基博、そして星野源は、ほぼ当選確実と言っていいだろう。ゲスの極み乙女。は、今年タイアップ付きのシングルを3枚もリリースしたり、『SONGS』でも取り上げられたりと、すっかり売れっ子への仲間入りを果たした。若者世代からの圧倒的な支持を受けているので、初出場してほしい。秦基博は、昨年『ひまわりの約束』がヒットしたが、惜しくも紅白には出場できなかった。しかし、今年に入ってからも、秦基博は『ひまわりの約束』のロングヒットだけでなく、シングル2枚に、アルバム1枚のリリースという、昨年以上の活躍を見せている。ギターの弾き語りの若手男性ソロシンガーソングライターは、白組の歌手には少ないので、貴重な存在だと思う。さすがに、今年は出場辞退していない限り、初出場してほしいし、出場すると思う。星野源は、歌手としての活躍は勿論、俳優や文筆家としても活躍している。NHKのコント番組『LIFE!』にもレギュラーで出演しているので、NHKへの貢献度も高い。近日中に『SONGS』でも取り上げられるようなので、初出場の可能性も高いと思う。予想に入れたもう1人、井上陽水だが、初出場の可能性はほぼゼロに等しいだろう。しかし、今年『ブラタモリ』にテーマ曲を提供したことや、『SONGS』でも取り上げられたことから、個人的な希望も込めて予想してみた。

次は、返り咲き出場についてだ。X JAPANは、昨年17年ぶりにテレビに出演した。今年は以前以上に精力的に活動していたことや、メンバーたち自身も昔から紅白には好意的なことから、今回挙げた返り咲き出場の予想の中では、一番可能性が高いと思う。加山雄三は今年、芸能生活55周年を迎えた。前回出場したときは、50周年だったので、今年もぜひ出場してほしい。70歳を超えた今も、精力的に音楽活動に取り組んでいて、自分の孫でもおかしくないような年代のアーティストとコラボをしたり、音楽フェスや初めてとなるMステにも出演した。白組は演歌や歌謡曲の歌手が少ないので、貴重な存在になると思う。サカナクションは、今年メンバーの妊娠に伴い、約一年間の活動休止をしていた。新たなレーベルを立ち上げるだけでなく、パリコレの音楽を担当したり、新曲『新宝島』は、話題となった映画『バクマン。』の主題歌になるなど、以前以上の活躍を見せている。新しい音楽の形に挑み続ける彼らを、ぜひもう一度紅白の舞台で見てみたい。スガシカオがテーマ曲『Progress』を提供した、NHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』は今年、放送開始から10周年を迎えた。それを記念して、いくつか特番が作られ、スガさんも番組で密着取材を受けていた。その番組内で、『Progress』の姉妹的な立ち位置となる新曲『夢のゴール』を制作し、披露した。スガシカオの紅白出場は、話題性という面から見ても良いと思う。

白組も、昨年の出場歌手から、今回の予想に入れた歌手は、ほとんど出場落選することはないだろう。徳永英明ポルノグラフィティの出場が若干危ういのと、ゴールデンボンバーが何を歌うのかということ、そして結婚を含めた福山雅治の扱いがどうなるかが、心配なだけ。

予想には入れなかったけれど、コブクロゆずT.M.Revolutionback numberクリス・ハート福田こうへい山内惠介三山ひろしクマムシ近藤真彦田原俊彦西城秀樹松山千春サザンオールスターズ長渕剛浜田省吾あたりは、可能性があるかも知れない。


【ゲスト審査員予想】
出場歌手に続いて、ゲスト審査員の予想もしたいと思う。昨年は9人だったけど、例年に合わせて10人で予想してみようと思う。

三谷幸喜(『真田丸』の脚本家)
又吉直樹(第153回芥川賞で芸人初の受賞)
五郎丸歩(ラグビー選手。2015年ワールドカップ日本代表)
工藤公康(福岡ソフトバンクホークス監督。チームを日本一に導いた)
マツコ・デラックス(コラムニスト)
宮崎あおい(2015年後期朝ドラ『あさが来た』眉山はつ役)
高畑充希(2016年前期朝ドラ『とと姉ちゃん』ヒロイン・小橋常子役)
平野レミ(料理愛好家。斬新かつ大胆な料理で話題となった)
ローラ(モデル・タレント。映画『バイオハザード』で、ハリウッドデビューも果たした)


最初に、あまり冒険せずに予想すると言ったものの、結構ありえないような人選をした部分もあったかも知れない。その年を象徴するヒット曲があまり無いということは、ヒットに合わせた人選をしなくてもいいということなので、もしかするとすごい大物が出場する可能性もある。そういうことを考えると、より予想が難しくなってくる。

いくら遅くなっているとはいえ、11月中には司会者は発表されるだろう。今の先行報道通りにいけば、紅組司会を綾瀬はるか、白組司会をV6の井ノ原快彦、総合司会を有働由美子アナウンサーが務めることになるだろう。綾瀬はるかに対して、不安の声が聞こえるが、あさイチコンビが隣にいれば、なんとかなるように思う。丁寧で安定した司会進行はあさイチコンビが担い、大晦日の夜が持つ非日常感、紅白が持つ祝祭感は、綾瀬はるかが担えば良いと思う。適材適所である。

次回の紅白関連ブログは、今年の紅白のテーマを参考に、出場歌手の歌唱楽曲や企画コーナーの予想をしたいと思います。どうか、それまでに司会者とテーマが発表されますように。

*1:モーニング娘。'15名義としては、初出場となる。