読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おなかのはらぺこ日記

好きなものには、基本贔屓目。

中島裕翔にお芝居の仕事をください。【追記アリ】

欲してます、裕翔くんのお芝居の仕事を。今年、3月に月9『デート』が終了して以降、裕翔くんにお芝居の仕事がほとんど無いのだが、なんだか寂しい。このまま、来年新春に公開される裕翔くんの初主演映画『ピンクとグレー』まで、何のお芝居の仕事もなく待っているのは辛い。ということで、その謎の虚無感を埋めるため、裕翔くんにやってほしいお芝居の仕事を、勝手に妄想しようと思います。


【朝ドラ】
裕翔くんに出演してほしい朝ドラは、以前上に挙げたブログの中に書いた。裕翔くんは、将来NHKにも普通に出るような俳優になれると思う。個人的には、今は大河より朝ドラに出てほしい。今の裕翔くんの爽やかさやポテンシャルを存分に生かしきれるのは、どんなドラマよりも、そして大河よりも、朝ドラだと思う。朝から裕翔くんを見てから始まる1日のなんて爽やかなこと。あさイチのイノッチの朝ドラ受けで、裕翔くんにどんな言葉を掛けるのかも見てみたい。


【月9】
これは、前から言っているんだけど、『花ざかりの君たちへ 〜イケメン♂パラダイス』を、三度目のリメイクしてほしい。
裕翔くんには、小栗旬中村蒼が務めた佐野泉役を演じてほしい。少女漫画から飛び出してきたような裕翔くんに、この役が似合わない訳がないし、クールな役にも挑戦してみてほしい。陸上選手の裕翔くんも見てみたい。
また、堀北真希前田敦子が務めてきた芦屋瑞稀役を能年玲奈生田斗真三浦翔平が務めてきた中津秀一役は菅田将暉に演じてほしい。個人的に、能年ちゃんのボーイッシュな感じの役を見てみたいし、能年ちゃんにハマりそうな気がする。菅田くんは、能年ちゃんとも何度か共演しているし、裕翔くんとは『ピンクとグレー』で共演しているので、この3人のまとめ役になってくれそうだし、中津という役が、どこかそんなまとめ役的要素があるように思う。何より、菅田くんはバカっぽい男子が、すごく似合うので中津にピッタリだと思う。あと、裕翔くんと能年ちゃんのカップルが見たい。
2作目は主題歌が一曲だけだったけど、1作目のオープニングとエンディングの2曲作ってほしい。オープニングは、いきものがかりあたりに、キャッチーでポップな歌を作ってほしい。エンディングは、ぜひHey!Say!JUMPに『ウイークエンダー』と『明日へのYELL』の流れを汲むような、暑苦しい夏うたを歌ってほしい。


スペシャルドラマ】
スペシャルドラマでは、今まで何度か実写化されてきた『名探偵コナン』の実写化である『工藤新一』シリーズを、裕翔くんにもやってほしい。
工藤新一:中島裕翔
毛利蘭:清水富美加
鈴木園子:成海璃子
服部平次野村周平
遠山和葉松浦雅
毛利小五郎岸谷五朗
目暮警部:佐藤二朗
みたいな感じのキャストでやってほしい。山田涼介が主演を務める『金田一少年の事件簿』と対になる形で『工藤新一』をやったら、すごく面白いと思う。裕翔くんの推理シーンも、すごく様になるような気がするので見てみたい。裕翔くんと野村くんが二人並ぶ姿も、また様になると思う。


【土9】
日テレ系で土曜9時からやっているドラマには、『野ブタ。をプロデュース』や『スクラップ・ティーチャー』や『理想の息子』、『弱くても勝てます』など、何度か出演している裕翔くんに、この時間帯でドラマ主演をしてほしい。保育士の裕翔くんが、保育園を舞台に奮闘する『戦場は保育園!(仮)』というオリジナルのドタバタコメディーを見たい。
主人公(男性保育士):中島裕翔
恋人(書店員):有村架純
同僚の女性保育士:早見あかり
同僚の男性保育士:鈴木亮平
先輩保育士:小林聡美
園長:小日向文世
居候先のおばさん:角替和枝
居候先のおじさん:西田敏行
みたいな感じのキャストで、ママ友のイザコザとか、保育園内のトラブル的な要素は少なめで、コメディー色が強い作品が見てみたい。同僚の女性保育士は、主人公と同じ場所に居候していて、主人公と恋人と同僚女性保育士の間で起きる三角関係的なラブコメも入れてほしい。土9らしく家族みんなで見られる感じのドラマが見たい。


【映画】
まだ、裕翔くんの初主演映画が公開されていないのに、気が早いかも知れないが、V6の岡田くんが言っていたように、裕翔くんには映画にどんどん出てほしい。今、朝井リョウが最年少で直木賞を受賞した『何者』を読んでいるのだが、もし『何者』が実写映画化されたら、裕翔くんにも出てほしい。(登場人物の詳しい説明はこちらから→何者 (朝井リョウ) - Wikipedia)
二宮拓人:神木隆之介
神谷光太郎:中島裕翔
田名部瑞月:山下リオ
小早川里香:二階堂ふみ
宮本隆良:本郷奏多
烏丸銀次:矢本悠馬
サワ先輩:池松壮亮
まだ『何者』自体が読みかけなため、Wikipediaの登場人物説明を読みながら、配役を決めた。だから読み終わったら、また配役を変えるかもしれないけど、二宮拓人役はなんとなく神木くんが合ってる気がする。二宮と神谷が同居している設定なので、神木くんと裕翔くんが一緒の画面に収まることが多くなると思う。個人的に、この7人は一度は共演しているところを見たい7人でもある。神木くんは映画の『桐島、部活やめるってよ』にも出演していたが、監督も『桐島、部活やめるってよ』で監督を務めた吉田大八監督にやってほしい。
【追記】「何者」が実写映画化されることが発表されました!嬉しい!楽しみ!ということで、このキャスティング妄想を書いたときは、「何者」自体をまだ読了していなかったのですが、読み終わった今、改めて「何者」実写化キャスティングを見返してみました。我ながら、結構いい線いってるなぁと思いましたw理香役は絶対、二階堂ふみにやってほしい!終盤にある「あのシーン」は、二階堂ふみがピッタリだと思う。光太郎役は、間宮祥太朗とかもハマりそう。キャスティング、本当に楽しみ!


色々書いてみたけど、そろそろ新しいお芝居の仕事の情報が解禁されそうな予感がしているので、それを楽しみに日々を過ごしていこうかと思う。少なくとも、来年一月公開の『ピンクとグレー』の前に、何か一つ裕翔くんに、お芝居の仕事をさせてあげてください。お願いします。